離婚協議書を作るメリットについて

離婚協議書とは、離婚しようとする夫婦間で交わす契約書の事である。
離婚する際に生じる財産分与や慰謝料、子供がいる場合は親権や養育費、面会等について定める約束や取り決めのことである。
離婚協議書を作るメリットは、養育費や慰謝料といった金銭の支払い等が口約束とならないように条件を文書化して明確にできることにある。
この事により、相手に対して支払いの意識を与えることが出来る。
また、文書化する事により証拠として残るため、約束が守られなかった場合裁判を起こしやすくなる。
たとえ養育費や慰謝料の不払いといったトラブルが起こったとしても、相手の給料や不動産などを差し押さえなどの強制執行を行うことも出来る。
以上の点から、離婚協議書を作成する事は必要と言える。